崎元酒造の「CRANE Z」がオススメな3つの訳

崎元酒造「CRENE Z」

creneZ

日本最西端「崎元酒造所」が2009年頃に限定1200本販売した泡盛「CRENE Z (クレーン ゼット)43度」。
この泡盛がいろいろとオススメなんです!

輸出用に開発された銘柄

「CRENE Z」は、もともと与那国からアメリカのハワイにむけて輸出用にと商品開発された泡盛なんです。
ハードリカーなのにクリアな甘みが広がる切れの良い泡盛として、外国人に合うように造られた銘柄。
なので名前も「CRENE Z(クレーン ゼット)」と横文字。
ボトルの裏ラベルには、英語での説明文も記載されていますよ。
容量も720mlではなく外国用に750ml!

こちらが裏ラベル↓↓

crenez

外国向けに開発された泡盛。これだけでもどんな味わいか飲んでみたくなりますね。

2009年の泡盛鑑評会で優等賞!

しっかりとしたコンセプトの元、商品開発された「CRENE Z」は、
沖縄で行われる一年に一度の泡盛鑑評会にて、2009年に優等賞を受賞しています。
味わいも高い評価を受けている銘柄なんですよ。

八重山限定・1200本限定の2006年7月7日瓶詰め

2009年頃に限定販売された「CRENE Z」は、限定1200本・八重山だけで限定販売された銘柄!
詰日が2006年7月7日という七夕の日に瓶詰めされた泡盛なんですよ。
ちょっとロマンチック!?

ボトルには「2005year SPIRITS」とあるので、2015年現在で、かれこれ10年ぐらいの古酒になっています。
それでも価格は、発売当時と変わらない3000円ぐらいなので、お得感かなりあると思います。

口の中に広がる甘さに濃厚な旨み!さらに熟成した古酒のまろやかさを感じる味わいになっている「CRENE Z」。

酒造所も残り在庫が少ないといっていたので、今がオススメですよ。

泡盛コレクションの一つに加えたい!崎元酒造の「CRENE Z」!

飲んでみたい方は
「崎元 CRANE(クレーン) Z 43度750ml」ページ

【崎元酒造 CRENE Z 43度】泡盛情報

酒造所:崎元酒造 原料:米こうじ(タイ産米) 泡盛区分:古酒
特徴:外国向けに開発された限定泡盛
JANコード:851034001125

崎元酒造所 泡盛銘柄一覧ページ

今だけしか楽しめない希少な古酒が勢ぞろい!限定古酒コーナー↓↓
希少!限定古酒・泡盛コーナー

泡盛・古酒の事なら

泡盛・古酒の事なら




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

与那国米 花酒60度

「与那国米仕込み 花酒60度」珍しい島米の泡盛花酒

【崎元酒造所「与那国米仕込み 花酒 与那国60度300ml」】 花酒といえば、与那国島

記事を読む

松藤5年古酒44度

崎山酒造廠「松藤 5年古酒44度」 米、水、麹が醸し出す旨さ!

【崎山酒造廠「松藤 5年古酒44度4合瓶」】 実力派泡盛! じっくり楽しみたい崎山酒

記事を読む

久々にお目見え!「芭蕉布7年古酒35度」伊平屋酒造所

【伊平屋酒造「芭蕉布7年古酒35度4合瓶」】 伊平屋酒造の名品として名高いクース「芭蕉

記事を読む

宮沢和史さんブレンディング!「新里酒造 奏(かな)6年古酒」

新里酒造「奏(かな)6年古酒30度4合瓶」 個人的にも飲んでみたい泡盛! 新里酒造の

記事を読む

海乃邦12年古酒

沖縄県酒造協同組合「海乃邦12年古酒30度」奥深い逸品

【沖縄県酒造協同組合「海乃邦12年貯蔵古酒30度4合瓶」】 沖縄県酒造協同組合が、泡盛

記事を読む

玉の露7年古酒

「玉の露7年古酒25度※創業100周年記念酒」玉那覇酒造 歴史を感じる泡盛!

【玉那覇酒造「玉の露7年古酒25度3合瓶※創業100周年記念酒」】 八重山で唯一100

記事を読む

太平2006年蒸留10年古酒

「太平 2006年蒸留10年古酒44度」津波古酒造 本格派通好みの古酒!

【津波古酒造「太平10年古酒44度※2006年蒸留」】商品情報 これは飲んでみたい

記事を読む

菊之露5年古酒41度

菊之露酒造「5年古酒41度」販売情報

【菊之露酒造「菊之露5年古酒41度4合瓶」】 ゴージャス感がある菊之露酒造の泡盛「

記事を読む

琉球六代目6年古酒40度

「琉球六代目6年古酒40度」新里酒造6代目当主の自信作「

【新里 琉球六代目6年古酒40度500ml】 沖縄最古の蔵元といえば「新里酒造」。

記事を読む

美しき古里 古酒30度

飲みやすいクース「美しき古里 古酒30度」今帰仁酒造所

今帰仁酒造「美しき古里 古酒30度4合瓶」 飲みやすい古酒をお探しの方にオススメな泡盛

記事を読む

 

泡盛・古酒の事なら

PAGE TOP ↑