泡盛の飲み方!寒い日はお湯割りもオススメ

【泡盛お湯割り】

泡盛お湯割り

 泡盛を楽しもう~!
泡盛の飲み方「お湯割り」の紹介です。

泡盛のお湯割り、意外と合うんですよ。
寒い時期などにピッタリのお湯割り。

泡盛のやさしい香りが漂うお湯割りは2通りの飲み方があります。

お湯を先に入れる泡盛のお湯割り

お湯を先に入れて泡盛を後からそそぐお湯割り。
特徴はより泡盛の風味を楽しめる事ですね。

一般的には、お湯を先に6割ほど入れて、後から泡盛を4割入れます。
お湯6:泡盛4の割合ですが、濃さは好みによって調整してくださいね。
お湯を先に入れると、泡盛の風味などを強く残してお湯割りを楽しめます。

泡盛を先に入れるお湯割り

泡盛を先に入れてお湯を入れるお湯割りの特徴は、飲みやすくなるとこですね。
泡盛の風味がお湯で混ざり合ってマイルドになっていく感じです。
飲みやすくなるので、食中酒などにいいですね。
割合はおなじ泡盛4にお湯6です

どっちが先かで変わる香りと味

泡盛のお湯割りの面白いところは、お湯を先に入れるか泡盛を先に入れるかで香りや味わいが変わるとこです。

ちなみに私はお湯を先に入れる派です。

最近は、地元でもお湯割りで泡盛を飲む人も増えてきています。

ぜひ皆さんも寒い時期は水割りではなくお湯割りで泡盛をお楽しみください!

泡盛のお湯割り動画紹介 ↓ ↓


拡大はこちら >泡盛の飲み方 お湯割り

今だけしか楽しめない希少な古酒が勢ぞろい!限定古酒コーナー↓↓
希少!限定古酒・泡盛コーナー

泡盛・古酒の事なら

泡盛・古酒の事なら




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

泡盛 シークヮーサー割り

シークヮサーを使った泡盛の飲み方特集!爽やかさを楽しもう!

泡盛の飲み方「泡盛 シークヮーサー割り」特集 泡盛と相性抜群の柑橘類といえば「シー

記事を読む

 

泡盛・古酒の事なら

PAGE TOP ↑