古き良き愛される島酒「玉の露30度」玉那覇酒造所!

玉那覇酒造「玉の露30度」

玉の露30度

玉那覇酒造所、唯一の銘柄「玉の露」。
その定番銘柄が新酒の「玉の露30度」。

100年以上の歴史をもつ玉那覇酒造の地元に愛される島酒です。

美味しくなったと人気急上昇!

石垣島で良く飲まれている泡盛というと直火請福や八重泉、於茂登などが有名ですが、
ここ数年、グググーンと島人の心をつかんでいるのがこの「玉の露30度」。

友達などと飲みに行っても、玉の露を注文する割合が増えましたね。
もちろんそれは、玉の露が美味しくなったから!
以前は、玉の露派どちらかというと癖が強い泡盛のイメージが強かったのですが、
現在は、甘みや旨さが増して水割りによく合う飲みやすい泡盛というイメージです。
水割りでたくさんのむ地元では、飲みやすさは大事!結構こういうことに敏感なんですよね。

伝統と新しい技術の融合!

jyouryuki

数年前に先代の玉那覇酒造社長さんに「美味しくなった秘密はなんですか?」と聞いたことがあります。
それは、「品質が安定した事と蒸留器かな」なんてお話を伺ったことがあります。

以前は、直火式蒸留での泡盛造りを行っていた玉那覇酒造さんですが、新たに横型蒸留器も導入されたそうです。
昔ながらの風味とコクをもたらす直火式蒸留に、安定した品質をもたらす横型蒸留器。
その2つの蒸留器で造られた泡盛をブレンドされているそうです。

それが、玉の露30度に飲みやすさと美味しさをもたらしているんですね。

玉の露30度のオススメな飲み方

玉の露30度は水との相性抜群!水割りが一番のオススメな飲み方です。
私的には、たまにビール缶の上部をくりぬいて、そこに氷をたっぷり入れて、
水割りした玉の露を入れて飲んだりします。
ギンギンに冷やして飲むと甘みも増してさらに美味しく、そして飲みやすくなるんですよ。
ガラスコップでは味わえない美味しさがありますね。

飲んでみたい方はこちら
玉の露30度 販売ページ

【玉那覇酒造 玉の露30度2合瓶・3合瓶・4合瓶・1升瓶】商品販売情報

酒造所:玉那覇酒造  原料:米こうじ(タイ産米) 泡盛区分:新酒
特徴:直火蒸留と横型蒸留の泡盛ブレンド
JANコード:4537326002105

玉那覇酒造 泡盛銘柄一覧ページ

今だけしか楽しめない希少な古酒が勢ぞろい!限定古酒コーナー↓↓
希少!限定古酒・泡盛コーナー

泡盛・古酒の事なら

泡盛・古酒の事なら




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

赤龍泉43度

粗濾過仕上げの「赤龍泉43度」龍泉酒造

龍泉酒造「赤龍泉43度」 美しい赤ボトルに包まれた龍泉酒造の泡盛「赤龍泉43度」。

記事を読む

沈黙1991

今の味わいを楽しんでほしい!「玉友 甕貯蔵 沈黙1991 41度」石川酒造場

石川酒造場「玉友 沈黙1991 41度4合瓶」 石川酒造場の最上級泡盛シリーズ「沈黙」

記事を読む

多良川「琉球王朝 金箔入30度」

お祝用に!金箔入泡盛「琉球王朝25度」多良川 

多良川「琉球王朝 金箔入泡盛 25度」 宮古島を代表する泡盛として高い人気を誇る多良川

記事を読む

くら 終売品

今のうちに楽しみたいヘリオス酒造の終売銘柄「くらスーパーセレクション」と「くらクース」

ヘリオス酒造「くらクース」「くらスーパセレクション」 ヘリオス酒造の定番樽酒といえば「

記事を読む

島旨25度

新里酒造「泡盛 島旨(シマウマ)25度3合瓶」若い人に人気の泡盛

新里酒造「泡盛 島旨(シマウマ)25度3合瓶」 「すべてが旨くゆきますように」

記事を読む

松藤 潮騒

「松藤 潮騒ボトル」崎山酒造廠 美しい容器はギフト向け!

【崎山酒造廠「松藤 潮騒ボトル 古酒30度 オレンジ・水色」】 沖縄風の琉球ガラスのよ

記事を読む

泡盛 時雨30度

「泡盛 時雨30度」5-15酵母が醸し出す豊かな香りと爽やかさ

識名酒造「泡盛 時雨30度」 首里三かの一つ識名酒造。 識名酒造といえば、最古の

記事を読む

八重泉 群か星25度

「八重泉 群か星25度」夜空の星に思いを馳せながら

八重泉酒造「八重泉 群か星25度4合瓶」 石垣島の美しい星座をイメージして造られた泡盛

記事を読む

泡盛 南風30度

「泡盛 南風30度」沖縄県酒造協同組合 口当たりのいい泡盛

【沖縄県酒造協同組合「泡盛 南風30度」】 沖縄県酒造協同組合の定番銘柄「南風30度」

記事を読む

瑞泉 新酒43度

昔からの泡盛の味わいを伝える瑞泉酒造の「新酒43度」

瑞泉酒造「瑞泉 新酒43度1升瓶」 いろいろな種類の泡盛があるのが魅了おn瑞泉酒造の泡

記事を読む

 

泡盛・古酒の事なら

PAGE TOP ↑