「八重泉BARREL(バレル)40度」樫樽原酒の美味しさを楽しむ!

【八重泉酒造「八重泉BARREL(バレル)40度720ml」

八重泉バレル

石垣島の樽酒といえば八重泉酒造が有名ですね。
八重泉樽酒は幅広い層に人気のロングセラー泡盛。

その樽酒の原酒が登場!
泡盛としてではなくリキュール扱いでの販売となる「八重泉BARREL(バレル)40度」

濃厚な香りと味わい!

八重泉バレル40度の特徴は、濃厚さです!
樽酒を長期熟成した原酒だけあって、色合いも素晴らしい。
ウイスキーのような濃い色をしています。

注いだ瞬間に広がる香りは重み・濃厚さがあります。
香りだけでもほろ酔い気分になりそうな原酒ならではのオークの香り。

味わいは、ほんのり甘さのある濃厚な味わい!
ウイスキー好きな人にもオススメできる美味しさですね。
さすが八重泉酒造の樽酒です。

一般販売されている八重泉樽酒グリーン43度と比べても、色合い・香り・美味しさは格段に上です。
心地よさを楽しめる抜群の美味しさ「八重泉BARREL(バレル)」!

おすすめな飲み方は?

八重泉樽酒

八重泉バレルのオススメな飲み方は、ストレートやオン・ザ・ロック、水割りなど!
ウイスキーのような飲み方がよく合います。
ハイボールのようにソーダで割って飲んでも美味しくいただけましたよ。
八重泉ボールといったとこですかね。

ちなみに八重泉バレルは、泡盛の樽酒ですが、粉末水飴が含まれているので、区分は、リキュールになっています。
泡盛の樽酒だと色に規制があり、濃い色は泡盛として販売できないんですよね。
なので最近は、濃い樽酒を販売する際は、糖類などを少し入れてリキュールとして販売する酒造所が多いですね。

化粧箱やラベルも高級感があるので、贈答用などにもいいですよ。
八重泉酒造の樽酒の美味さをじっくりと楽しみたい「八重泉BARREL(バレル)40度」。

販売ページはこちら

【八重泉酒造「八重泉BARREL(バレル)40度720ml」】商品販売情報

酒造所:八重泉酒造  原料:琉球泡盛、糖類、食物繊維  区分:リキュール
JANコード:4934829100787
特徴:八重泉の樫樽原酒!

八重泉酒造の泡盛銘柄一覧ページ

今だけしか楽しめない希少な古酒が勢ぞろい!限定古酒コーナー↓↓
希少!限定古酒・泡盛コーナー

泡盛・古酒の事なら

泡盛・古酒の事なら




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

久米島の久米仙 シークヮーサーリキュール7度

久米島の久米仙のシークヮーサーリキュール7度!爽やかさを楽しもう!

久米島の久米仙「泡盛仕込みシークヮーサーリキュール7度」 泡盛との相性抜群!久米島の久

記事を読む

久米仙 ほんのりくめせんピーチ

久米仙酒造「ほんのりくめせんピーチ16度」優しい香り!

【久米仙酒造「ほんのりくめせんピーチ」】 女性に人気がでそう!! 久米仙酒造の「ほん

記事を読む

請福ゆず

「請福ゆずリキュール」請福酒造 ホッとする美味しさ!

【請福酒造【泡盛仕込みゆずリキュール】】 泡盛リキュールで数々のヒット商品を作りだす石

記事を読む

請福グレープフルーツリキュール

請福酒造「グレープフルーツリキュール」癖になる美味しさ!

請福酒造「請福 グレープフルーツリキュール10度」 石垣島を代表する酒造所「請福酒造」

記事を読む

蔵ねこ ゆずシークヮーサー

「蔵ねこのゆずシークヮーサー」ヘリオス酒造の本格派フルーツリキュール!

ヘリオス酒造「蔵ねこのゆずシークヮーサーリキュール」 猫好きならつい買ってしまいそう!

記事を読む

石川 ドラゴンフルーツ梅酒リキュール

色鮮やか!石川酒造場の「ドラゴンフルーツ梅酒リキュール」

【石川酒造場「ドラゴンフルーツ梅酒リキュール6度」」 泡盛業界初! ドラゴンフルーツ

記事を読む

請福ミニボトル3本セット

「請福酒造 八重山泡盛ミニボトル3本セット」請福酒造のお酒飲み比べ!

請福酒造「八重山泡盛 ミニボトル3本セット」 請福酒造のお酒が試し飲みできる「八重山泡

記事を読む

沖縄カクテルシリーズ

泡盛を使った沖縄カクテル!この夏の主役に!?

琉球アジアン「沖縄カクテルシリーズ」 泡盛を使ったお手頃リキュールとして話題を呼んでい

記事を読む

琉球ティアワー

瑞穂酒造「琉球ティーアワー12度」沖縄県産の紅茶を使った泡盛リキュール

【瑞穂酒造「琉球ティーアワー12度」】 瑞穂酒造の泡盛仕込みリキュール「琉球ティーアワ

記事を読む

泡に恋して

泡盛ベースのスパークリング梅酒「泡に恋して」

【崎山酒造廠「泡に恋して スパークリング梅酒」】 若い人に飲んでほしい泡盛ベースのリキ

記事を読む

 

泡盛・古酒の事なら

PAGE TOP ↑