「オリオン 琉球セッション」オリオンクラフトビール第三弾!

オリオンビール「オリオン 琉球セッション(Ryukyu Session)」

オリオン 琉球セッション

今年大ブレイクのオリオンビールのクラフトシリーズ!
第三弾はセッションIPAスタイルの「オリオン 琉球セッション(Ryukyu Session)」。
2016年9月6日発売予定です!

セッションIPAスタイルってなに?

ビール通以外は、あまり聞きなれない言葉の「セッションIPAスタイル」。
IPAビールはなんとなくわかりますが、セッションってなんだろうと思ってしまいますね。

「セッションIPAスタイル」は、度数を低くして飲みやすくしたIPA(インディアペールエール)ビール。
2013年ごろから、アメリカでも人気になっているビールなんだそうですよ。
美味しく飲み続けていけるビールそれが「セッションIPAスタイル」。

オリオンビールでは、昨年クラフトシリーズ第一弾でIPAビール「琉球ペールエール」を販売していますね。
今回は、ペールエールよりも度数が低くて飲みやすくなった「セッションIPAスタイル」
の「オリオン 琉球セッション」。

「オリオン 琉球セッション」の特徴は

オリオン 琉球セッション6缶パック
(6缶パック写真)

「世界中で楽しまれている多様なビールを沖縄から発信したい。」を合言葉に、沖縄の気候風土にあったビールとして販売され地獲るオリオンビールのクラフトビールシリーズ。

「琉球セッション」の特徴はこちら↓

・ セッションIPAの特長であるアルコール度数を低めに抑えながら、アロマホップの香りもしっかり感じられる飲みやすい味わいがビールの楽しさを広げます。

・昨年発売の第一弾「琉球ペールエール」に引き続き、上面発酵方式を採用。エール酵母(上面発酵酵母)が醸し出すフルーティーな香りが楽しめる

・柑橘系ホップのトロピカルでジューシーな味わいがクラフトらしさを特長づけたビール

沖縄にあったクラフトビール、楽しみたいですね。

デザインにはミンサー柄を採用

琉球セッション ケース写真

クラフトシリーズ、味わいと共に注目を浴びているのでデザイン!
今までにないいい感じのデザインがとても注目を浴びています。

第三弾の「琉球セッション」も、素晴らしいパッケージに仕上がっていますね。

今回はミンサー柄と色がとても印象的です。
前回に引き続き、技術屋のこだわりと醸造への想いのシンボルとなる「仕込釜と醸造家イラスト」のエンブレムが描かれ、さらに沖縄を代表する文様「ミンサー柄」をテクスチャーに入れて沖縄風が前面に出ています。
高貴なイメージでもある「紫色琉球セッション 瓶タイプ」をベースにした色合いも高級感が出ていて美味しそう!

飾っておきたいパッケージです。

第三弾の発売日は2016年9月6日!
今回は缶だけでなく瓶タイプも同時発売!

限定販売のビールなので、楽しめるのは今だけ!
オリオンビールが造る沖縄に合ったクラフトビール第三弾「琉球セッション(Ryukyu Session)」を楽しもう~。

【オリオン 琉球セッション(Ryukyu Session)」】商品情報

製造:オリオンビール   アルコール度数:4.5%
JANコード:4962656154017
特徴:オリオンビールのクラフトビールシリーズ第3弾!

オリオンビール 商品一覧ページ


▼この泡盛をシェアしてくれる方はこちら

泡盛・古酒の事なら

泡盛・古酒の事なら



関連記事

オリオンサザンスター サマーエディション2017

2017年夏限定!「オリオンサザンスター サマーエディション」オリオンビール

オリオンビール「オリオンサザンスター サマーエディション2017」 2017年の夏はこ

記事を読む

オリオン ゼロライフ

糖質ゼロを楽しむ「オリオン ゼロライフ」

「オリオン ZERO LIFE」 オリオンビールの新ジャンル! 糖質ゼロで人気の「オ

記事を読む

OKINAWAIPA 沖縄のクラフトビール

沖縄生まれのインディア・ペールエールビール「オキナワIPA」南都

南都 沖縄のクラフトビール「OKINAWA IPA」 ハブ酒や地ビールで有名な沖縄の「

記事を読む

 

泡盛・古酒の事なら

PAGE TOP ↑