自宅で作ろう!泡盛で作るシークヮーサー酒

「シークヮーサー酒」の作り方・レシピ

シークヮーサー酒

泡盛で果実酒を作ろう~!

沖縄の人にとっては欠かせない果実「シークヮーサー」。
泡盛の中にそのまま切ったシークヮーサーを入れてもちょっとした酸味が効いて美味しいのですが、
手間をかけてシークヮーサー酒を作ってみるのも!

シークヮーサー酒、意外と大変ですが・・・。

果実酒用に使ったシークヮーサーは、青い実の状態の完熟しない前のシークヮーサーです。
沖縄では7~9月頃に旬をむかえる果実です。

今回は、氷砂糖を少なく甘さを抑えて作りました。
甘さは氷砂糖の量で好みで調整してくださいね。

それでは、泡盛で作るシークヮーサー酒の作り方レシピを紹介!

シークヮーサー酒 果実酒の材料

密封できる瓶
シークヮーサー果実:約500g 
泡盛30度:900ml ※30度以上 自分の好きな銘柄がいいです。
氷砂糖:100~150g ※出来上がりはシークワーサーの酸味があります。

「シークヮサー酒 果実酒」作り方

1)シークヮーサー果実・泡盛・氷砂糖・瓶などの材料を用意します。

シークヮーサー酒 材料
  
 瓶はきれいに洗います。シークワーサー果実も皮を使いますのできれいに洗います。

2)シークヮサー果実の皮を剥きます。

sikuwasasyu1

シークヮーサー果実に包丁で少し切り込みを入れて剥くと剥きやすいです。
これが結構しんどい作業です。 
1kgで果実酒を造ろうと思ったけど、皮を剥く作業のしんどさで500gに減らしたほど・・。

3)シークヮサーの皮は半分使いますので、よく洗います。

sikuwasasyu2

4)瓶の中に皮を剥いたシークヮーサー果実を入れます。

sikuwasasyu3

5)よく洗ったシークヮサーの皮を半分入れます。

sikuwasasyu4

6)氷砂糖入れて泡盛を注ぎます。

sikuwasasyu5

7)あとは密閉して、1週間後に皮は引き上げて、3か月ほど寝かせたら美味しいシークワサー酒の出来上がり~。

sikuwasasyu6

いい色合いのシークヮサー酒が出来上がります。
皮を剥く作業がしんどいので、たくさんの量を作れないところが残念・・。

今回利用した泡盛は八重泉酒造さんの泡盛「八重泉」を使いました。

通常はホワイトリカーの35度を使いますが、沖縄では30度使って作る人が一般的です。
いつもながら、家に余っている泡盛を使って果実酒を作ってます。

出来上がりの感想は、酸味と苦味は少し残った感じのシークワーサー酒に仕上がりました。
炭酸を入れて飲むとGOODな味です。

シークヮーサーの果実はこちらで販売しています。
(石垣島産が7月頃から、沖縄産が8月頃から収穫を迎えます。)
【送料無料】沖縄県産シークワーサー果実(青切り)・期間限定販売!<約2kg/約80個〜100個前後>

石垣島産シークヮーサー果実

手間はかかるけど、ソーダー割にすると美味しいシークヮーサー酒にぜひトライ!

「シークワーサー酒の作り方・レシピ」動画での紹介はこちら↓↓

拡大してみたい方は >シークワーサー酒の作り方・レシピ

今だけしか楽しめない希少な古酒が勢ぞろい!限定古酒コーナー↓↓
希少!限定古酒コーナー

泡盛・古酒の事なら

泡盛・古酒の事なら




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

泡盛で作る「パイナップル酒の作り方・レシピ」

泡盛で作るパイナップル酒の作り方レシピ 泡盛で作る果実酒シリーズ! 沖縄の果物と

記事を読む

 

泡盛・古酒の事なら

PAGE TOP ↑