「仕次ぎ」の良さが科学的に立証!うまい古酒の参考に!

【「仕次ぎ」の良さが科学的に立証】

沖縄タイムスに泡盛関連の面白いニュースが載っていました!

琉球王朝時代から続く「仕次ぎ」での古酒造り。
その伝統的手法が、科学的にも良さが立証されたとの事。

古酒特有の香り成分「バニリン」。
それが、仕次ぎを繰り返すことで、特に高まっていくことが分かったそうです。
仕次ぎをしないよりも、仕次ぎをした方が、香りがよくなり美味しくなる。
バニリンの濃度は、つぎ足す割合が10%程度で最も上昇したそうです。

10%という数字にはびっくりですね。
昔から仕次ぎの量は1割(10%)程度といわれていたので、昔の人はそれを感覚的にわかっていたんですね。
昔の人たちが、永年積み重ねた技術・知恵は素晴らしかった!
ただ寝かせて熟成させるよりも、仕次ぎをする方が泡盛も活性化され、さらに美味しく熟成。

自宅での古酒造りに参考になりますね。

この結果が今後、どのようにいかされていくか興味深いところです。


▼この泡盛をシェアしてくれる方はこちら

泡盛・古酒の事なら

泡盛・古酒の事なら



関連記事

沖縄の酒造所は5社がランクイン!2016年の焼酎メーカ売上高ランキング

沖縄の酒造所は5社がランクイン! 2016年の焼酎メーカ売上高ランキングが発表されまし

記事を読む

八重山の酒造所が団結!「八重山酒造協議会」発足

八重山酒造協議会 八重山毎日新聞 八重山の泡盛ファンにとっては嬉しいニュースです

記事を読む

泡盛は糖質ゼロ!久米島の久米仙から「ごっちゃんブラウン」登場

久米島の久米仙「ごっちゃんブラウン30度」 意外と知られていない真実! 泡盛は糖質ゼ

記事を読む

 

泡盛・古酒の事なら

PAGE TOP ↑