今のうちに楽しみたいヘリオス酒造の終売銘柄「くらスーパーセレクション」と「くらクース」

ヘリオス酒造「くらクース」「くらスーパセレクション」

くら 終売品

ヘリオス酒造の定番樽酒といえば「くら」。
昨年3年古酒になり美味しさもグレードアップしましたね。
(関連記事はこちら >「ヘリオス くら3年古酒」記事 

その他の「くらシリーズ」として長年販売されていた限定品がどうやら終売になるそうですよ。
くらの43度として販売されていた「くらスーパーセレクション43度」と「くらクース30度」の2銘柄!

琥珀色の逸品「くらスーパーセレクション」

くらスーパーセレクション

蔵人の夢とこだわりが醸し出した琥珀色の逸品「くらスーパーセレクション 古酒」。
通常のくらよりも度数が43度とたかっく、樽の香の心地よさに、
旨みとまろやかさが楽しめる泡盛樽酒。

度数が高いのでそのままコレクションとしても持っていて熟成させるのもいいですね。

ヘリオス くらスーパーセレクションの販売・通販ページはこちら ↓↓
ヘリオス くらスーパーセレクション 43度
※終売銘柄なので在庫なくなり次第、販売終了になります。

【ヘリオス酒造「くらスーパーセレクション43度4合瓶」泡盛情報】

酒造所:ヘリオス酒造  原料:米こうじ(タイ産米) 古酒(泡盛)
特徴:琥珀色の逸品
JANコード:4920321157268

選ばれた限定品「くらクース」

くらクース

こちらも人気の高かったくらの限定品「くらクース30度」。
600個の樽の中から「くらクース」のために、特別に選ばれた樽。
ブレンダーの人がそれぞれの原酒の声聞き、最高の樽酒に仕上げていく「くらクース」。
芳醇な香りと華やかさ。じっくりと楽しめる美味しさのクースですよ。

ヘリオス くらスーパーセレクションの販売・通販ページはこちら ↓↓
ヘリオス くらクース古酒30度 販売ページ
※終売銘柄なので在庫なくなり次第、販売終了になります。

【ヘリオス酒造「くらクース 30度4合瓶」泡盛情報】

酒造所:ヘリオス酒造  原料:米こうじ(タイ産米) 古酒(泡盛)
特徴:特別な樽から選ばれた限定品 ※2017年終売
JANコード:4920321001370

今のうちに楽しみたいヘリオス酒造の終売銘柄「くらスーパーセレクション」と「くらクース」

ヘリオス酒造 泡盛銘柄一覧ページ

今だけしか楽しめない希少な古酒が勢ぞろい!限定古酒コーナー↓↓
希少!限定古酒・泡盛コーナー

泡盛・古酒の事なら

泡盛・古酒の事なら




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

蒸留2004 珊瑚礁

香りの変化を楽しむ!山川酒造の「蒸留2004 珊瑚礁」

【山川酒造「蒸留2004 珊瑚礁 平成25年度県知事賞受賞酒」】 一度は味わってみたい

記事を読む

与那国米 花酒60度

「与那国米仕込み 花酒60度」珍しい島米の泡盛花酒

【崎元酒造所「与那国米仕込み 花酒 与那国60度300ml」】 花酒といえば、与那国島

記事を読む

忠孝 ブレンド

忠孝酒造のスペシャルブレンド泡盛「大城ブレンド・熱田ブレンド」

【忠孝酒造「大城ブレンド・熱田ブレンド 2013」】 2013年古酒の日に合わせて発売

記事を読む

海人プレミアム30度

清酒酵母仕込!「海人プレミアム30度」まさひろ酒造

【まさひろ酒造「海人プレミアム 30度」清酒酵母】 まさひろ酒造の軽やかな味わいを楽し

記事を読む

久米仙 秘蔵16年古酒41度

久米仙の最高峰古酒!秘蔵十六年古酒41度

【久米仙酒造「久米仙 秘蔵十六年古酒41度4合瓶」】 久米仙酒造の最高峰古酒として数量

記事を読む

球美18年古酒42度

甕貯蔵古酒「球美18年古酒」。上品な美味しさは贈っても喜ばれる泡盛!

久米島の久米仙「甕貯蔵 球美18年古酒42度4合瓶」 私的に15年を超える古酒の中で一

記事を読む

creneZ

崎元酒造の「CRANE Z」がオススメな3つの訳

崎元酒造「CRENE Z」 日本最西端「崎元酒造所」が2009年頃に限定1200本

記事を読む

泡盛 南風30度

「泡盛 南風30度」沖縄県酒造協同組合 口当たりのいい泡盛

【沖縄県酒造協同組合「泡盛 南風30度」】 沖縄県酒造協同組合の定番銘柄「南風30度」

記事を読む

玉の露30度

古き良き愛される島酒「玉の露30度」玉那覇酒造所!

玉那覇酒造「玉の露30度」 玉那覇酒造所、唯一の銘柄「玉の露」。 その定番銘柄が新酒

記事を読む

玉友 沈黙21年古酒

贅沢な味わいを楽しみたい「玉友 沈黙21年古酒」

【石川酒造場「玉友 沈黙21年古酒42度※限定300本」   極上の泡盛の名にふさわし

記事を読む

 

泡盛・古酒の事なら

PAGE TOP ↑