八重泉酒造「泡盛 干支ボトル」お正月に飾りたい縁起ボトル 販売情報

八重泉酒造「干支ボトル 酉(鳥)2017」

八重泉干支ボトル 酉スタンダード

新しい年の初めに飾りたい縁起ボトル!
「八重泉酒造」の2017年干支「酉(鳥)」ボトルが登場です。

酉の文字は、酒壷の象形。
「とり」は毎日夜明けを告げる役割を持つ祝鳥で「とりこむ」と言われ、商売などに縁起の良い干支なんですよ。
商売をされている方には特に縁起のいい酉の干支

2017年は、黄金色の「金」が3種類、青磁・白磁が1種類づつの計5種類が発売!

美しい立ち振る舞いの「干支スタンダード 金」

八重泉干支ボトル 酉スタンダード

鶏は夜明けを告げる役割から祝鳥とも言われています。
夜明けを告げる「鳥」の美しさをストレートに表した八重泉干支ボトル「酉スタンダード」。
金運・財運を象徴する黄金色に美しい姿の!飾って美しい酉干支ボトルですね。

無病息災の「干支 六瓢箪 金」

八重泉 干支ボトル 酉 六瓢箪

干支ボトルの定番「六瓢箪」。
六瓢箪は家内繁盛と無病(六瓢)息災という意味で縁起がいいといわれています。
長寿のシンボル尾長鶏に黄金色の干支ボトル。
来年の健康・福を願って飾りたいですね。

インテリアとして!「干支 モダン 金」

八重泉 モダン 干支ボトル

デザインを重視したオシャレな「酉」干支ボトル。
玄関口やお部屋にインテリアとして飾っても美しい!
金運・財運を象徴する黄金色のモダン干支ボトル。
2017年の福を願って!

福をもたらす「干支 七福神 青磁」

干支ボトル 青磁

気品格漂う青磁の干支ボトル。
黄金色とはまた違った味わいがあります。
古来より福をもたらすとして信仰されている七福神がいる干支ボトルです。

福がたくさん詰まった「干支 福袋 白磁」

干支ボトル 白磁

福袋、魅力的ですね。
たくさんの福が詰まった福袋をかついでいる干支ボトル。
美しい白磁の干支ボトルです。

私はいつも黄金色の干支ボトルを玄関に飾っています。
干支ボトルを置いていると、福を呼び込んでくれそうで・・。
来年もいい年になりますように。

八重泉酒造の泡盛干支ボトル販売ページはこちら↓↓

八重泉 干支ボトルコーナー

今だけしか楽しめない希少な古酒が勢ぞろい!限定古酒コーナー↓↓
希少!限定古酒・泡盛コーナー

泡盛・古酒の事なら

泡盛・古酒の事なら




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

守禮 初垂れ66度

限定216本!「守禮 初垂れ66度4合瓶」神村酒造

【神村酒造「守禮 初垂れ 66度4合瓶」】 飲んでみたい希少酒! 神村酒造から限定2

記事を読む

請福 飲み比べ3本セット

「請福 島酒 飲み比べ3本セット」父の日に泡盛飲み比べセットはいかが?

請福酒造「父の日ギフト 島酒 飲み比べ3本セット」 2017年の父の日にこんな泡盛セ

記事を読む

海乃邦1993

海乃邦1993年製造古酒!限定150本の希少古酒

沖縄酒造協同組合「海乃邦1993年製造古酒42度」 沖縄県酒造協同組合の銘酒「海乃邦」

記事を読む

山原くいな10年古酒

「山原くいな 2007年蒸留10年古酒43度」田嘉里酒造 ホーロータンクで寝かせたクース

【田嘉里酒造所「山原くいな10年古酒43度※2007年2月蒸留」】 飲んでみたい逸品!

記事を読む

まさひろ2008年製造 濃醇

甕仕込・甕貯蔵泡盛「まさひろ2008年製造 濃醇」比嘉酒造

【(株)比嘉酒造 まさひろ2008年製造 濃醇30度】  2014年の沖縄産業まつりに

記事を読む

泡盛 八重山2010

「泡盛 八重山 古酒2010年謹製30度」八重泉酒造 沖縄限定古酒!

【八重泉酒造「八重山 2010年謹製 古酒30度720ml」】 石垣島の人気蔵元「八重

記事を読む

時雨2003年貯蔵古酒

2003年貯蔵「時雨 古酒29度」識名酒造

泡盛-時雨 2003年貯蔵 古酒29度2合瓶 古風味豊かな識名酒造の泡盛。 昔な

記事を読む

松藤 2015県知事賞受賞酒

限定酒「松藤7年古酒44度」!2015年県知事賞受賞酒

崎山酒造廠「松藤7年古酒44度※2015年県知事賞受賞酒」 2015年の泡盛鑑評会にて

記事を読む

瑞泉 県知事賞受賞酒2015

瑞泉酒造の2015年県知事賞受賞酒

瑞泉 甕貯蔵古酒 県知事賞受賞酒2015 2015年の泡盛鑑評会で最高賞「県知事賞」を

記事を読む

松藤9年古酒

お試し2合瓶!崎山酒造廠の松藤9年古酒 

【泡盛-松藤9年古酒40度2合瓶】崎山酒造廠 じっくりと飲みたい!崎山酒造廠の9年古酒

記事を読む

 

泡盛・古酒の事なら

PAGE TOP ↑