「泡盛 琉球紀行8年古酒」昔の泡盛の事を思い浮かべながら、優雅に楽しみたい!

【沖縄県酒造協同組合「琉球紀行8年古酒」】 

琉球紀行8年古酒

昭和初期の頃の泡盛ってどんな味がしたんでしょうね~。
今みたいな飲みやすい泡盛ではなく、風味や癖・旨味などがきっと強かったんだろうな~なんて勝手に想像してしまいます。

昭和初期の頃の泡盛を飲める機会が来ることはきっと無いと思いますが、
気分だけでも味わそうな泡盛が沖縄酒造協同組合から発売の「琉球紀行8年古酒」。

泡盛宣伝用ポスターをラベルに使用

ryukyubijin

この泡盛はラベルに一番の特徴があります。
昭和初期の泡盛宣伝用のポスターを使用しているのです。
描かれているのは、きっとこの頃の沖縄美人なんだと思います。
上布をきたすこし色っぽい女性の片手には泡盛の瓶が。

この頃から瓶に入れてラベルも貼られて出荷されていたんですね。
バックには、大きな壷の絵に、沖縄の地図と沖縄県の花「デイゴ」も描かれています。
レトロちっく満載な泡盛ボトルです。

商品の説明文には、
「良質の原酒を選び抜き八年の歳月をかけ貯蔵、熟成させた古酒です。
 気品ある香りと深いコク、円熟した味わいをご賞味ください」とあります。

上質な味わいを楽しめる8年古酒です。
贈り物やお土産にもいいですね。

度数35度と30度

こちらの「琉球紀行8年古酒」は2種類のパターンが販売されています。
30度タイプと35度タイプの2種類。
30度タイプの化粧箱には沖縄限定の文字が記載されていますよ。(35度はなし)

ラベルも30度と35度で少し変わってますね。
私的には枠がない30度の方が好きかな。

琉球紀行八年古酒」のおすすめな飲み方は、ロックにストレート。
度数の強さを感じるなら水割りで楽しみましょう~。

昔の泡盛の事を思い浮かべながら、優雅に楽しみたい沖縄酒造協同組合の琉球紀行8年古酒ですね。

販売ページはこちら
泡盛 琉球紀行8年古酒4合瓶

【沖酒協「琉球紀行 8年古酒4合瓶」】商品情報

酒造所:沖縄県酒造協同組合 原料:米こうじ(タイ米) 泡盛区分:8年古酒
特徴:昭和初期の泡盛宣伝用のポスターを使用した泡盛
 30度JANコード:4955028001200
 35度JANコード:4955028001217

沖縄県酒造協同組合 販売ページはこちら


▼この泡盛をシェアしてくれる方はこちら

泡盛・古酒の事なら

泡盛・古酒の事なら



関連記事

今帰仁城43度

今帰仁酒造「今帰仁城 古酒43度」独特の風味と旨味

【今帰仁酒造「今帰仁城 古酒100%43度」】 伝統の味!今帰仁酒造の100%古酒「今

記事を読む

天使の夢 3年古酒

心地よさを楽しむ琥珀色の泡盛「天使の夢 3年古酒」今帰仁酒造

今帰仁酒造「天使の夢 3年古酒25度」 今帰仁酒造の心地よさを楽しむ琥珀色の泡盛「天使

記事を読む

琉球六代目6年古酒40度

「琉球六代目6年古酒40度」新里酒造6代目当主の自信作「

【新里 琉球六代目6年古酒40度500ml】 沖縄最古の蔵元といえば「新里酒造」。

記事を読む

 

泡盛・古酒の事なら

PAGE TOP ↑