琉球泡盛焼酎「はんたばる清冽仕込み30度」泰石酒造

泰石酒造「はんたばる清列仕込み30度」

はんたばる30度

泰石酒造がつくる琉球泡盛焼酎「はんたばる清冽仕込み」!

琉球泡盛焼酎なんだが紛らわしいですね。
泡盛?焼酎? いえいえこのお酒は泰石酒造が造る沖縄唯一の混和酒なんです。

焼酎甲類乙類混和のお酒

この「琉球泡盛焼酎 はんたばる30度」は、焼酎の甲類(連続式蒸留で作られており主に穀物や糖蜜が原料)に乙類(泡盛などの単式蒸留)がブレンドされたお酒なんです。

なのでラベルには「焼酎甲類乙類混和」と書かれています。

泡盛が主流の沖縄で、混和酒はなかなか興味深いお酒です。
ブレンド率は焼酎甲類(糖蜜、コーン)が51%、焼酎乙類(泡盛)が49%になっていますよ。

はんたばるの名前の由来!

独特な名前の「はんたばる」。意味が気になりますね。
ラベルにはその意味も書かれています。

こちら↓
「はんたばる」とは、方言の地名です。
昔、毛遊びで有名なところ(毛=眺めの良い草原)

正直、わかりません。
はんたばるという地名があるのかなと思いきや調べても探せなかった・・。
毛遊びは昔の若者たちが、海辺や草原などで三味線を奏で泡盛を飲んで楽しんだりすることなので
きっとそういう毛遊びの場所の事を方言ではんたばるというかもですね。

「泰石 はんたばる」3合瓶と2合瓶はレトロチック満載なラベルに仕上がっていますよ。
赤の色が基調ですが、「美味」や「冠絶」などの文字が書かれていたりいて、使い方が台湾?中国風?な感じです。
個性やレトロ感があって私的な好きなラベルです。 

二日酔いしずらいお酒!

はんたばる30度は、甲類の特徴ともいえるスッキリした透明感のある味わいに、泡盛の風味と癖。
飲んだ感想は、ほんのりした甘みにフルーティーな味わいが印象的でした。

香りはそこまで強くないけど、口当たりはすごくいいですね。
泡盛の風味もしっかりあって柔らかい飲み口ですよ、。
意外と若い人や女性の人に受けそうな味わいに思えるのですが・・。

ちなみにこの「はんたばる 混和酒」は、二日酔いになりにくいそうです。
製造の過程で、二日酔いの元ともなるフーゼル油やメタノールなどが取り除かれているそうですよ。

一度は飲んでみたい! 沖縄唯一の混和酒「はんたばる30度」!

「はんたばる30度」の販売・通販ページはこちら ↓↓

泰石 はんたばる 販売ページ

【泰石酒造「はんたばる清冽仕込み 混和酒 30度」】商品情報

酒造所:泰石酒造  区分:焼酎甲類乙類混和酒
原料:焼酎甲類51%(糖蜜、コーン) 焼酎乙類49%(米こうじ)
特徴:沖縄唯一の混和酒!
1升瓶(1800ml)JANコード:4948104010074
4合瓶(720ml)JANコード:4948104010081
3合瓶(600ml)JANコード:4948104010098
 2合瓶:JANコード:4948104010104

泰石酒造の泡盛銘柄一覧ページ


▼この泡盛をシェアしてくれる方はこちら

泡盛・古酒の事なら

泡盛・古酒の事なら



関連記事

宮の華 紙パック

すっきり辛口タイプ!宮の華30度紙パック

【宮の華30度紙パック】 宮古島の隣にある小さな島「伊良部島」にある島で酒造所「宮の華

記事を読む

宮古島まる子ちゃんマグネット付き!多良川 紙パック

数量限定「多良川 1升紙パック マグネット付き」 今年もマグネットのオマケ付き多良川紙

記事を読む

太平30度

「泡盛 太平30度」津波古酒造 平和を願う島酒

【津波古酒造「泡盛 太平30度」】 大正時代に発売され長年愛され続ける津波古酒造の定番

記事を読む

 

泡盛・古酒の事なら

PAGE TOP ↑