地元の若者の泡盛離れが・・

泡盛を盛り返そう!

awamorino

こんなアンケート結果が!
沖縄県内の大学生を対象にしたアンケートで
65%の人が泡盛をほとんど飲まないという結果に!

こ、これは一大事ですね。

沖縄の地酒が、地元の人に飲まれないのは心配です。

ピーク時の7割

泡盛の出荷がピークに達したのは、2004年年。
ちゅらさんブームや焼酎ブームで泡盛も一躍ブームになりました。
そのピーク時から現在は約7割程度になっているんだそうです。

その中でも特に若者の泡盛離れが大きいんだとか。

1位は焼酎

アンケートの結果では、1位に焼酎で2位がビール、3位酎ハイ、4位カクテルで次に5位で泡盛。

地元なのに5位ですよ。
泡盛ファンとしては衝撃です。

確かに今の世の中、新しい商品がたくさん出てきていて、選択肢もたくさんある。ネットでも気軽に買えるしね。
昔は選択肢があまりなかったから泡盛というのも多かったと思うんですよね。

地元の人が地元の島酒を飲まなくなると大変です。
一昔前も同じような状況がありました。
沖縄で洋酒がブームになり、みんな洋酒をのんでいて泡盛が隅に追いやられていた時代。
その後、飲みやすい減圧蒸留の泡盛や、樽貯蔵の泡盛などのヒット泡盛が出てきて、また地元の人は泡盛を飲むようになりました。
あの頃と少し似ているような・・。

あとイメージも良くないですよね。
昔の匂いがキツイや飲みにくいという印象が結構あります。
昔とは違って、いろいろなタイプの泡盛があるし、香りがいいのもある。
イメージを払しょくできないのが苦戦している要因の一つでもあると思います。

いま、泡盛業界もいろいろな新しい商品が出てきています。
その中から若者の心をつかむようなヒット商品が生まれてくれることを願って。

島人よ島の酒をもっと楽しもう!


▼この泡盛をシェアしてくれる方はこちら

泡盛・古酒の事なら

泡盛・古酒の事なら



関連記事

2016年泡盛鑑評会

2016年沖縄の産業まつり 泡盛酒造所の様子・写真

2016年沖縄の産業まつり「泡盛・酒造所」 沖縄の産業まつり行ってきました! 毎年楽

記事を読む

八重山の酒造所が団結!「八重山酒造協議会」発足

八重山酒造協議会 八重山毎日新聞 八重山の泡盛ファンにとっては嬉しいニュースです

記事を読む

2025年には泡盛出荷量がさらに4割減!?

泡盛出荷量・売上高の推移予測 沖縄の新聞にて泡盛に関して驚くべき予測が・・・ 201

記事を読む

 

泡盛・古酒の事なら

PAGE TOP ↑