地元への想いを込めた泡盛「糸満(いとまん)30度」上原酒造

上原酒造「糸満(いとまん)30度」

泡盛 いとまん30度

沖縄本島の南部の「糸満市」にある上原酒造。
上原酒造は糸満市で最も古い酒造所なんだそうです。

糸満ハーレーのラベル

糸満といえば、「糸満ハーレー」がとても有名です。
海人(漁師)達の最大の祭り「ハーりー」。糸満市では伝統を重んじるため昔ながらの「ハーレー」の言葉が使われています。
沖縄各地で「ハーリー」は行われますが、離島などは糸満の漁師が移りすんで行われるようになったところも多いですよ。
那覇ハーリーもそうですが、一度は糸満ハーリーも見に行ってみたいもんです。

上原酒造の「糸満(いとまん)30度」は、その糸満ハーレーの様子がラベルになっている事でも有名です。
男たちが爬龍船を漕ぐ姿、その写真がまたかっこいいんですよね~。

また名前の由来も地元糸満への想いから付けられているそうですよ。

糸満ハーレーの写真がラベルになっているのは1升瓶のみで、4合瓶は肩ラベルにハーレーで使われるエークイが描かれ、ラベルは海の波に真ん中に糸満と大きく書かれたラベルです。

ちなみに1升瓶のラベルに書かれている電話番号、新しい瓶詰めの商品でも「(09899)4-6320」と書かれています。
市外局番が5ケタの時の電話番号がそのまま記載されていますね。
昔のままのラベルなんだと思います。
4合瓶は現在の3ケタ「098-994-6320」になっていますよ。

バランスいい泡盛

泡盛「糸満(いとまん)30度」。
地元のお祭りなどでは欠かせない泡盛なんだそうです。
スッキリした飲み口と優しい風味、バランスのいい泡盛ですよ。
地元だけでなく、意外と県外でもファンが多いのがこの「いとまん30度」です。
それだけ地域に深く根付いている泡盛って事ですね。

水割りで飲みたい「泡盛 いとまん」

「いとまん30度」のオススメな飲み方は、ずばり水割り!
ロックもいいですけど、水割りがいちばんしっくりくると思います。
5対5や4対6などの水割りがオススメです。

4合瓶と1升瓶が販売されていますよ。

▼糸満30度の販売・通販ページはこちら ↓↓

上原 糸満30度 販売ページ

【神泉 糸満(いとまん)30度】商品情報

酒造所:上原酒造  原料:米こうじ(タイ産米) 泡盛区分:新酒
特徴:沖縄南部「糸満」の愛される島酒
4合瓶JANコード:4541540300060
1升瓶JANコード:4541540300077

上原酒造 泡盛銘柄一覧ページ


▼この泡盛をシェアしてくれる方はこちら

泡盛・古酒の事なら

泡盛・古酒の事なら



関連記事

米島30度

「久米島30度」米島酒造の定番銘柄

【米島酒造「泡盛 久米島30度」】 久米島の蔵元「米島酒造」の定番銘柄といえばこの泡盛

記事を読む

泡波

波照間島の泡盛「泡波」 一度は飲んでみたい!

波照間酒造「泡波30度」  焼酎や日本酒でも幻とか手に入りにくいお酒があるが、 泡盛

記事を読む

瑞泉 御酒(うさき)

戦前の味を復活させた幻の泡盛「瑞泉 御酒(うさき)」瑞泉酒造

【瑞泉酒造「御酒(うさき)30度4合瓶」】 現在は主に2種類の黒麹菌で造られる泡盛。

記事を読む

 

泡盛・古酒の事なら

PAGE TOP ↑